ギフトにスイーツを

ギフト

誰からも喜ばれる贈り物

美味しいスイーツを食べていると、自然と顔がほころんできますよね。
それまでイライラしていた気持ちも吹き飛び、ストレスがあっという間に吹き飛んでしまうほどです。
だからこそ、スイーツは贈り物にも最適な商品として親しまれています。
ここでは、ギフトとしてスイーツを贈る場合にどのようなシーンで活用できるのかご紹介します。

お歳暮・お中元

季節ごとにお世話になった方へお歳暮やお中元を渡す機会もあるでしょう。
どんな商品を選ぶべきなのか迷った結果、当り障りのない洗剤やタオルなどを毎年選んでしまうという方も多いはずです。
お歳暮やお中元は季節ごとのご挨拶を兼ねていることも考えて、季節に応じたスイーツを選択してはいかがでしょうか?

例えばお中元は暑い夏に贈るものなので、夏らしい涼しげなスイーツとしてゼリーや水ようかんなどのスイーツを選ぶのもおすすめです。
スイーツが掲載されているカタログギフトも人気があります。

参考:お中元ギフト|大丸松坂屋オンラインショッピング

友達の誕生日

仲良くしている友達に誕生日プレゼントを渡したいけど、どんな品物を選んだら良いのか迷うものですよね。
あまり高額な商品を渡して遠慮されてしまうのも避けたいものですし、あまりにも貧相なものを選ぶわけにもいきません。
ある程度予算が決まっても、本当に喜んでくれるのかわからない場合もありますよね。

予算を決めやすくて、誰でも喜んでくれる商品として最適なのがスイーツです。
誰もが美味しい!と喜んでくれるようなスイーツなら誕生日プレゼントとしても最適です。
あらかじめ、洋菓子と和菓子のどちらが好きなのかを調べておくと最適な商品を選びやすいと考えられます。

内祝い

出産や入学など様々なお祝いごとがあると、親しい間柄の人からお祝いをいただく機会が多いものです。
お祝いをいただいた場合は内祝いのお返しをするのが一般的です。
内祝いで選ばれるのは洗剤などの実用的なものが多いようです。
例えば入院をしている方にお見舞いを渡した場合に、全快して退院すると快気内祝いのお返しをするものですが、タオルなどの形が残るものを選んでしまうと「病気が残る」と捉えられて縁起が悪いとされるため、洗剤などの消耗品を選び形が残らないようにするのが一般的な考え方です。
スイーツの場合も、食べてしまえば形に残るものではないため、内祝いのお返しとしても最適だと考えることができます。

このようにスイーツは様々なギフトに活用できる万能な商品だと考えることができます。
一点だけ注意していただきたいのが、できるだけ日持ちするスイーツを選んだ方が良いことです。
すぐに食べられるようなスイーツの場合は問題ありませんが、たくさんの種類が入っている詰め合わせセットのようなスイーツは一度に食べきれない場合があるため、日持ちするものを選んだ方が無難です。